カードローンの審査に不安がある場合の解決法は?

カードローンの審査に不安がある人ほど、審査なしでお金を借りられないかと考えるものです。

なぜなら、審査で落ちるのが目に見えている(と思ってる)とか、審査でブラックがバレるなど。

どうせ自分は審査に通らない…と最初から決めつけずに、解決策を探ってみましょう。

生活保護受給中など、どうしてもカードローンを利用できない人はいます。 でも、たいていの場合は何らかの解決方法が存在します!

ブラック入りは永遠続くわけではない

過去にカードローンの延滞を何度もしたことのある人は、個人信用情報に事故情報が一定期間残ります。これがいわゆるブラック入りというわけです。

個人信用情報は、カードローン業界で共有される情報なので、カードローンの新規申し込み時には、必ず照会されます。他者で延滞していることも当然バレるため審査に通る可能性はほぼゼロです。

とは言うものの、個人信用情報の事故情報は永遠に残るわけではありません。

事故情報は一定期間が経過すると消えることになっています。

事故情報になった理由や信用情報機関の種類により消えるまでの期間は異なりますが、およそ5年程度で事故情報は消すと決められています。

あなたが、いつブラックになったかによりますが、時間を開ければまたカードローンの審査は通るでしょう。

個人信用情報は自分で調べられる

個人信用情報は、当の本人からの請求によっても照会することができます。

手続き方法はそれぞれのホームページ上に掲載されています。それほど難しくないので試してみるといいと思います。そこに事故情報がいつ最後に記録されたかがわかります。

もし残り数ヶ月程度であれば、それまでじっくりと待つのが得策です。

ブラックリストの登録期間

CIC、JICC、JBAという3つの信用情報機関ごとにブラック記録の保持期限は異なります。

事故情報 概要 保持期間 長期延滞 61日~3ヶ月以上の延滞 1年(JICC) 5年間(CIC、JBA) 任意整理 貸し手と交渉して利息支払いを減額 5年間 個人再生 借金を5分の1に圧縮 5年間 自己破産 借金を0円にする 5年間 10年間(JBA) 強制解約 延滞を続けて契約を解除 5年間 代位弁済 借り手に代わり保証会社が貸し手に返済 5年間

審査が柔軟な中小の消費者金融を狙う

プロミス、アイフル、モビットのような大手消費者金融や、銀行カードローンはブラックな人にはほぼ機械的に審査に通らないです。特にモビットは、WEB申し込みで自動的に個人信用情報まで調べるみたいですから、その時点で即アウトです。

そこで、中小の消費者金融に申し込むと審査に通ることがあります。

中小の消費者金融も、個人信用情報を照会しますが、ブラックだからといって大手のように一律に拒否していては商売になりません。なぜなら、そんな中小の消費者金融は、大手ではじかれた人しかほぼ申し込まないからです。

個人信用情報に事故情報があったとしても、その原因や他の資産、親の職業なども考慮して審査をしてくれるところもあるようです。

総量規制に引っかかっている

年収の3分の1を超える借り入れができない「総量規制」に引っかかっている人は、審査で確実に落とされます。

そんなときの解決策です。

総量規制のない銀行カードローンに申し込む

総量規制は貸金業法といって主に消費者金融を対象とした法律での規制です。

銀行は銀行法に則って運営されており、貸金業法とは関係ありません。だから、銀行カードローンに総量規制はありません。

だからといって、銀行がいくらでも貸してくれるかというとそうもいきません。

しかし、実は 2018年までは、銀行は個人の収入を無視した多額の貸付をしていて問題になりました。銀行にも総量規制が必要なのではないかという議論も起きました。総量規制は個人が自己破産などから守るためのものなのです。

それ以降は銀行も自主規制によって、個人の収入に応じた貸し出し規制をかけるようになりました。以前より銀行カードローンは更に審査が厳しくなったのです。

だから、消費者金融で総量規制に引っかかって審査で落とされた人が、銀行カードローンに申し込んでも、審査に通る可能性は低いと言えますが、銀行によっては職業や資産状況などいろいろ考慮して貸してくれるかもしれないので試す価値はあるでしょう。

クレジットカードのキャッシング機能で借りる

クレジットカードにキャッシング機能が付いているのを忘れていませんか?

最近のクレジットカードには、キャッシング機能が付いていないものも多いので、お金は借りられないと思い込んでいる人もいます。

一度、自分が持っているクレジットカードを調べてみましょう。明細に「キャッシング 30万」とか書いてあればラッキです。コンビニに行けばすぐ借りられます。

この場合は、昔に審査が完了しているクレジットカードなので、もう審査はありません。

もしクレジットカードの明細がなければ、カード裏目に書かれてある連絡先に電話してみましょう。すぐに教えてくれます。

クレジットカードのキャッシング枠は勝手に増える

クレジットカードのキャッシング枠は、使ってなくても勝手に増えていることがあります。

契約当初は、おそらく10万とか30万、高収入の人でもせいぜい50万ですが、キャッシングを使ってなくても、勝手に増えていることがあります。毎月送られてくるカード明細に書かれているキャッシングの限度額を確認してみましょう。

クレジットカードにキャッシング枠が無かったら

クレジットカードのキャッシング枠が無い(限度額0円)だったとしても、諦めるのは早いです。

クレジットカード会社に電話して、キャッシング枠を付けてもらえないか交渉してみましょう。

もちろんクレジットカード会社の審査はありますが、既にショッピングで普段利用しているクレジットカードなら、審査は比較的甘くキャッシング枠を付けてもらえるかもしれません。

何事も行動です。すぐにクレジットカードに電話してみましょう。

無職である

無職の人にはカードローンの審査はほぼ100%通りません。

返す見込みのない人にお金は貸してくれません。

無職の人はまず仕事を探しましょう。アルバイトでも大丈夫です。

消費者金融では、数ヶ月でも給与をもらっている実績があれば審査に通してくれるところもあります。できれば半年以上の勤務実績は欲しいところですが。

専業主婦である

専業主婦とは、パートなどの収入が一切ない主婦のことです。

状況としては無職の人と似ており、パートをして収入源を作ることが解決策となります。

ただし専業主婦の場合は「配偶者貸付」という制度を利用して、配偶者の収入を基準として借り入れをすることができます。

配偶者貸付は、夫婦2人の合計の年収を使って審査をしてくれます。

専業主婦の年収が0円でも、配偶者の年収が600万円なら、2人合計の年収は600万円となります。

この年収を使って審査をしてくれるため、専業主婦でもカードローンを利用できます。

注意点として、配偶者貸付を利用するには配偶者の同意が必要になります。

配偶者に無断でカードローンを契約することはできません。

また、アイフル、プロミスのような大手消費者金融では配偶者貸付は行っておらず、比較的小規模な消費者金融でのみ対応しています。

高齢者である

カードローンは60歳を超えると審査に通りづらくなる傾向にあります。

また、申し込み可能年齢の上限に65歳を設定しているカードローンも多いです。

高齢者は収入が先細りになるほか、病死などで返済できなくなるリスクが高いため、カードローン業者としてはリスクが高いと判断し、審査には落ちやすくなります。

高齢者でも貸し出す地方銀行のカードローン

解決策としては、60代の高齢者でも柔軟な審査を行っている銀行カードローンを狙うことです。

特に地方銀行系のカードローンでは、70歳程度まで審査対象としているものがチラホラと存在します。

年金収入がしっかりある人なら、審査には十分通る可能性が残されているでしょう。ただし高額な限度額を期待してはいけません。

学生である

20歳以上の学生は、アルバイトで収入があれば審査には通る可能性があります。

「学生は審査対象外」としているカードローンはほとんどありません。

数ヶ月以上勤務実績があるアルバイト先があれば「安定した収入」と見なされ、審査にはプラスになります。

審査が柔軟な学生ローンもあり、親にはバレない 「学生ローン」を利用するという手もあります。

学生ローンは普通の消費者金融よりも学生向けに特化しており、審査も柔軟です。

東京であれば、学生街として有名な高田馬場付近に多くの学生ローンが集まっています。

親の年齢、職業に加えて兄弟の情報まで審査時に聞かれることもありますが、親に学生ローンの利用はバレません。

未成年である

20歳未満(19歳以下)の未成年は、カードローンでお金を借りるのは諦めてください。解決策もありません。

未成年の場合、カードローンに限らずクレジットカードなどの契約時には親の承諾が必要です。

承諾書を勝手に作ることも可能ではありますが、オススメはできません。

また、そもそも未成年者でも契約できるカードローンは存在しません。年齢制限として、「20歳以上」が条件となっています。

未成年でどうしても現金が必要になった場合は、親や友人に正直に状況を打ち明けて借りるようにしましょう。

未成年にも貸し出す業者は100%例外なく「ヤミ金」なので絶対に利用しないでください。あなたの人生をめちゃくちゃにされてしまう可能性が高いです。

住所不定

車やネットカフェで寝泊まりをしている「住所不定」の人は、審査には通るのでしょうか?

カギを握るのは審査時に提出する「本人確認書類の住所」です。

本人確認書類には、運転免許証などの公的な身分証が使われます。

住所が以前住んでいた実家になっている場合は、そこに居住実績がなくても審査には十分通る可能性はあります。

しかし、以前住んでいたマンションなどの住所になっている場合は、もしカードローンの審査に通ったとしても、あなた宛の郵便物が宛先不明としてカードローン業者に戻ってきてしまいます。

審査に通っても郵便物が届かなければ、住所を偽ったとしてカードローン契約を解除されてしまうかもしれません。

そのような場合は、郵便物が一切ないプロミスのアプリローンや、SMBCモビットのWEB申し込みを利用しましょう。

これらの消費者金融は審査中、審査後に郵便物が一切届きません。

水商売

キャバクラ、ホスト、風俗などのいわゆる水商売の人でも、しっかりとした収入があれば審査には十分通ります。 ただし、職業的に安定していないと見なされるため、限度額は低くなってしまうかもしれません。

審査に通りやすくする方法として、以下の2点は必ず行いましょう。

  • 収入証明書の提出
  • 在籍確認が取れるようにしておく

在籍確認とは、カードローン業者が審査時に電話で職場に在籍しているかどうかを確認するものです。

「~さんは、現在いらっしゃいますでしょうか?」といった電話の内容を元に、職場在籍を確認します。

普通の職業であれば電話での在籍確認は問題ありませんが、水商売の場合は状況が異なります。

キャバクラや風俗の店舗は従業員のプライバシーを考慮して、従業員宛てにかかってきた電話に応じないことがあるのです。

そのため、在籍確認がスムーズに取れずに、審査落ちしてしまいがちです。

事前に職場に対してカードローンから在籍確認があることを伝え、応じてもらえるように頼んでおきましょう。

なお、架空の職場に在籍していることにしてくれる「アリバイ会社」の利用は絶対にやめてください。最悪の場合詐欺罪に問われる可能性もあります。

公的な身分証明書が無い

例えば20歳以上の学生で、保険証が手元に無く、運転免許も取得していないケースが該当します。

どのようなカードローンでも審査時に「本人確認書類のコピー」を提出しなければいけません。

公的な身分証明証を1つも持っていない人は、審査に申し込むことはできません。

解決策としては以下のいずれかの身分証明書を取得することです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 保険証
  • マイナンバーカード

前科あり

過去に犯罪を起こし、前科があると審査に通らないと考えてしまいがちです。

しかし、前科があるかどうかは警察などの特殊な公的な機関でないと調べることができません。消費者金融のような民間の業者では調べられません。

ただし、以下の場合は要注意です。

  • 借金が残ったまま逮捕されてしまい返済できずブラックリスト入りした
  • 長い服役中にスーパーホワイト状態になっている

スーパーホワイトとは、クレジットカードもカードローンも一切利用していない状態です。20代なら問題ありませんが、30代以降になるとクレジットカード1つも持っていないということになり不自然です。

それが逆に審査で悪影響します。スーパーホワイトの何を疑われるかというと、過去にブラックになってしばらくクレジットカードも作れない状況だったのではないかということです。つまりそもそも問題のある人だったんではないかと疑われるわけです。

生活保護

生活保護受給者に貸し出すカードローンはまずありません。

生活保護受給費を収入とはみなしてくれません。ほぼ100%審査には通らないでしょう。

どうしても生活保護費だけではお金が足りないという場合は、担当のケースワーカーに相談しましょう。ケースワーカーはお金を貸してくれませんが、何か解決策を見つけてくれるかもしれません。

一時的に審査なしで借りられる銀行ATMカードローン

どんなカードローンも審査はあります。必ず信用情報機関に申込者のクレジットヒストリーを照会しますので、ブラックリスト入りしていたり、他社借入額が多すぎたりすれば審査に落ちて借り入れはできません。

唯一の例外が「銀行ATMカードローン」の存在です。銀行ATMカードローンは「一時的に審査なし」で借り入れができる特殊な仕組みを持っています。

銀行ATMを利用している時にのみ申し込める

銀行ATMカードローンは、銀行のATMで引き出し、預け入れ、残高照会などをしている時にのみ申し込める特別なカードローンです。

銀行口座利用状況により、一定の条件を満たした利用者にのみATM画面上に申し込み情報が表示されます。

その場で申し込めば、キャッシュカードを使ってすぐに借り入れができるようになります。

本審査前に融資する

銀行ATMカードローンが通常のカードローンと異なるのは、信用情報機関や年収、勤務先の情報を初期貸し出し時には一切使わない点にあります。

銀行ATMカードローンの審査、融資の流れ

  • ATMで申し込み
  • すぐ融資
  • 翌営業日以降に信用情報機関に照会をかけて本審査
  • 通常のカードローンの審査、融資の流れ
  • 申し込み
  • 信用情報機関に照会をかけて本審査
  • 融資

このように、信用情報機関に照会をかける前に融資してしまうという特徴があります。そのため、以下のような人でも借り入れできる可能性があります。

  • ブラックリスト入りしている
  • 総量規制に引っかかっている
  • 収入が無い人

本審査後に融資を断られることもある

本審査の段階で信用情報機関に照会をかけ、そこでブラックリスト入りなどが判明した場合は、融資が断られることもあります。

あるいは限度額を減額されるといった対応を取る銀行もあるでしょう。

しかし、すでに借りてしまったお金に関しては、すぐに返済を求めるわけではありません。

新規の融資は停止されても、すでに貸したお金に関しては通常の返済で構いません。

もし普通のカードローンの審査に通る自身が無い人が、銀行ATMカードローンから借りられる状態になったら、限度額いっぱい借りてしまうという手もあります。

関連記事

    金融事故起こした人でも金を借りたいならここ

    キャッシング 即日 審査なしは本当に可能か? 長期にわたって返済を延滞したり、返せなくて踏み倒した、自己破産したなどの金融の事故を起こしてしまうと、新たにお金を借りたりローンを組む時の審査に通りにくくなります。 事故を起こした人は、キャッシングやローンの会社で共有されているブラックリストに... 記事を読む

    ヤミ金でもいいから借りたい人へ

    ブラックOK中小消費者金融で借りたいならこちら お金を借りたいけれど、消費者金融の審査に落ちてしまった…この際闇金でも良いから借りたい!と言う方、思いとどまってください。 闇金は、怖いです。 審査なしで借りられるかもしれませんが、利子は法外ですしもし返せなかったらどんな目にあわされるか分か... 記事を読む

    ブラックリストって何?

    キャッシング 即日 審査なしは本当に可能か? 借り入れを検討していると、色々と不安になることもあるかと思います。 返済計画立てたり、借り入れ金額をどうしようか、どこに借り入れの申し込みをしよう・・・など、決めないといけないことがありますからね。 今回は、借り入れを新たにする、もしくは初めてす... 記事を読む

    友人にはお金を借りるな!

    キャッシング 即日 審査なしは本当に可能か? 派遣社員で地方に出稼ぎに出ていたが、契約の更新が無かったため無職になり地元に帰る事になりました。 出稼ぎ先では会社の寮にはいっていたため、退寮後は住む場所が無くなってしまいました。 消費者金融での借り入れは手続き等が何となく億劫に感じたことと、... 記事を読む

    家族が病気で最後の旅行に行くため消費者金融で借りました

    どうしても借りたいとき街金はおすすめ 病気の旦那と最後の望みを叶えるために借金をして田舎の和風温泉へ行きました。 私の夫は病気であり長生きできる保証は無く、いつ亡くなるか分からない状態でした。 そんな毎日を大切にしながら生きており、ある日私は温泉に行ってみたいな、と思い立ちました。 昔から... 記事を読む

    キャッシングの多重債務の注意点とは

    キャッシングの多重債務をすると返済できなくなることが多く、金銭計画を考えて利用する必要があります。私も多重債務をして感じましたが、返済計画を考えることで迷ったことが多く精神的にも落ち着かないことがよくありました。 多重債務をすると返済が追いつかなくなることや多くの利息の金額を払う必要があり、... 記事を読む

    ブラックでも借り入れができる

    ブラック、多重債務者でもキャッシングできる方法があるらしいのですが、知りたいなあと思います。 正規のキャッシング会社からの借り入れでも可能なのでしょうか。 多重債務になってしまったら任意整理か自己破産か、と追い込まれる気分になってしまいますが、 ブラックでも借り入れできる審査の緩いキャッシ... 記事を読む

    キャッシングカードの更新に関して気をつけておくこと

    キャッシングをしている時にまずカードを作ります。そしてその後にもしあなたが別の会社のカードを作ろうとする時に気をつけておくことをお教えします。それは「他社の借り入れを含めてあなたの年収の3分の1を超えないこと」という決まりです。 これは法律で決まっているものであり、それを超えて借りることは不... 記事を読む

このページの先頭へ